Rieepのニュージーランド日記 :当たり前のようにある自然のめぐみに感謝あるのみ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

田舎のばぁちゃん。
大関(おおぜき)のばぁちゃん。
大好きなおばぁちゃん。

89歳になる。

私は実家に帰ると、(大学時代でも、今でも)
必ず大関のばぁちゃんに会いに行き、
身の回りの片付けをしてあげて、緑茶を入れてたくさん話をする。
ものすごい茨城弁を喋るばぁちゃん、
それに入れ歯が入ってないと会話も一苦労。

子沢山だったばぁちゃんは、とーっても芯が強くて、
こんな感じでよく

ばぁちゃん 

「だめなんだよ、しっかりしなきゃ!!」と言われた。。。汗

小さい頃は年越しといえば、ばぁちゃんちへ家族みんなで行き、
コタツに入りながらストーブの上で焼いたミカンや乾燥芋を食べた。

農家だったので、田植えの忙しい時期は、
40分近く兄と自転車をこいでばぁちゃん家へ行き、
田植えを手伝った。。。懐かしい☆


2月に日本に帰った時も、ばぁちゃんに会いに行った。
「いつ帰ってきたの??」「いつ帰ってきたの??」を 繰り返し聞くばぁちゃん。

ん、これはボケてきたか???

とまぁ、年寄りだからしょうがないと思い、
緑茶を飲みながら、近況報告など話をした。
ばぁちゃん、歯入れてないのに、せんべい食べようとしてるから、
どうやって食うのか見てたら、
ちゃぶ台の上にせんべい置いて、
グーでゴンゴン叩いて小さく砕いて食べてた☆☆笑

帰り際に、
私: 「じゃーまた来年日本に来た時に、遊びに来っかんね~~」
ばぁちゃん: 「おえでおえで~~(おいでおいで)」

なんて話をしたのが最後。

昨日の夜、仕事から帰ってきて、兄からのメールをチェックしたら
「大関のばぁちゃんが亡くなった」って。

私が会いに行ったあの後、風邪をこじらせ、
食欲も無くなり、そのまま老衰だったみたい。

あまりにも急で、お葬式も、もう明日明後日の事だから
私も動きようが無かった。

NZに来た時から、大関のばぁちゃんの葬式には何が何でも行ってあげなきゃ、
と思ってたけど、行けなかった。。。。

大好きなばぁちゃんごめんね。
ここでお線香あげるからね。
これからもずっと里帰りしたら、お墓参りいくからね。
また緑茶入れてあげるからね。

私もいつかこんな風に

ばぁちゃん自転車

自転車乗って、畑に出れる元気なばぁちゃんになりたいよ。

Rieep




スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

ヽ(^^)

ホントに素敵なおばあちゃんだったんだね。 写真の中のおばあちゃん、いい笑顔で楽しそうに笑ってるね(^^) きっと毎回、りえが遊びに来てくれて、お茶飲んでいっぱい話が聞けてうれしかったろうね。 最後看取ってあげられなくて、ホントに残念だったね。でもきっと、大関のおばあちゃんは、りえが立派に海外出て結婚して、しっかり働いていることが、一番うれしかったと思うよ。 これからも、きっとどっかでおばあちゃんは見ててくれてるから、おばあちゃんのために、前向きに頑張ってね(^^)v

NAME:みゅ~く | 2009.04.02(木) | URL | [Edit]

 

私のばあちゃんもずっと自転車に乗って野菜配達していました。(八百屋さんです)1年前くらいに帰国した時には病院で車椅子状態でした。自転車から転んでそれ以来弱くなってしまったとかで。小さい頃から元気な姿しか見た事がなかったから、ホント悲しく感じました。自分も歳取る度に、皆歳取っているんだな...って。遠くにいる分頻繁に会いにいけないし、緊急時に飛んで行く事もできないので、会える時間を本当に大切にしないといけないなって思います。rieepさんのおばあさん、良い人生送った感じの笑顔素晴らしいとおもいます。きっと天国からみまもってくれていますよ。

NAME:moonhop | 2009.04.02(木) | URL | [Edit]

 

みゅ~く

初めてMeeshに会った時の大関のばぁちゃんの、
じーっ…と西洋人を見つめるあの顔は一生忘れられないね。
それに容赦なく方言でMeeshに話しかけてたばぁちゃんもすごいと思うけど!!

孫の中で私が一番遠いところにいるくせに、
一番会いに行ってたと思う。
ばぁちゃんもそれを楽しみにしててくれたし。

今度日本に帰った時、ばぁちゃんに会えないのが寂しいわ。
けど、心の中から消える事は無いからね。。


 

NAME:Rieep | 2009.04.02(木) | URL | [Edit]

 

moonhopさん

大関のばぁちゃんは、波乱万丈な人生を送ったみたいだけど、(戦争の話やら、いろいろ聞かされて)
老衰で無くなった事に関しては、みんなが出来る事では無いので、さすがばぁちゃんだなと思いました。
きっと痛みも無く安らかにいったんだと思います。

そうなんですよね、お年よりはひょんな事から体壊して、寝たきりになったり、車椅子生活になってしまったりすることが多いですね。

今回ばぁちゃんが無くなった事で、私も仕事上、お年寄りに振舞う態度や仕事振りの見直しをしないといけないなと思いました。

本当に毎回日本に行くたびに、欠かさず会いに行っていた事が、
唯一今回お葬式に出れない事を許してもらえると、自分の中で思えて、気が楽になります。

人は年をとり、その順番は巡りめぐってやってくる・・・
今回の事で今度は自分の「親」に着いてよく考えらされました。

NAME:Rieep | 2009.04.02(木) | URL | [Edit]

 

ばぁちゃん

私もおばぁちゃんっ子です。
おばぁちゃんとしてはまだ若くて、、、でも、もうすぐふたりとも80歳に届きます。
まだまだ元気なふたりですが、会うたびにちっちゃくなっているようで、
なんとも言えない気持ちになります。

今回帰省した時はふたりに会えましたが、そのうち会えなくなる日がやってくる。
わかっていても、どうにかして時を止めたい気持ちになります。

大関のばぁちゃん、きっと今ごろ天国で自転車に乗っかって、ニッコリと、
Rieepチャンのことを見守ってるよ。
Rieepチャンがちょこっとばぁちゃんのことを思い出すだけで、
ちょこっと心に留めておくだけで、思いは届くし、はぁちゃんもうれしいと思うよ。

NAME:mapoco | 2009.04.03(金) | URL | [Edit]

 

Re: ばぁちゃん

そうなんだよね。
久しぶりに会うと、小さくなってて、
「あ~年とってるなー。」って思うよね。
大関のばぁちゃんもそうだった。

悲しいかな、これが人生。
私がばぁちゃんばぁちゃん言ってるのも今だけで、
将来子供ができたら、その子が「ばぁちゃん」言ってる「ばぁちゃん」は、
自分の母親にあたると思うと、とーっても複雑な気持ちになっちゃう。

職場上、何回も亡くなった方とお別れしなきゃならなくて、悲しい場面はあったけど、
久しぶりにこんなに辛い気持ちを味わったわ。この全く別物の感情・・・。

自転車こいでる写真と一緒に、
ばぁちゃんが私に残してくれた形見をずーっと大切にしてくよ。

NAME:Rieep | 2009.04.05(日) | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 TINY BIT OF LAND IN NEW ZEALAND, all rights reserved.

Rieep

Author:Rieep
2004年4月に
ニュージーランドに移住。
12年が過ぎ、本腰入れて
田舎で生活してます。

腰が曲がっても、
のぉんびりしながら
畑仕事ができたらいいなぁ
そう思いながら、
自然の恵みに感謝して
毎日を過ごしています。
どうぞよろしく。

旧ブログ名
WORLD WIDE WANDERER IN NEW ZEALAND

++++++++

Rieep ブログ主
Meesh 夫
Juju 長男(2009)
Cyo 長女(2012)
Hunter 次男(2015)
Zoey チョコラブ(2006)

++++++++

Rieep

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Juju日記 (59)
cyo日記 (12)
Hunter日記 (1)
いろいろ日記 (65)
独り言 (24)
おでかけ日記 (61)
ぞい子日記 (6)
もらい物日記 (5)
べじ畑日記 (11)
料理日記 (31)
もでる日記 (6)
そうじ日記 (2)
手づくり日記 (11)
いらいら日記 (10)
東北大地震 (4)
Meesh日記 (11)
お花・多肉日記 (8)
未分類 (1)
#3 (2)
生き物 (5)
果樹園 (1)

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。