Rieepのニュージーランド日記 :当たり前のようにある自然のめぐみに感謝あるのみ
 

 

 
Jujuが最近こっちこっちと手を引っ張って私のことをどこかに連れて行く。
その先はキッチンだったり、Jujuの部屋だったりとさまざま。
理由は「あれとって」だとか、「Jujuの知ってるものを見て見て」と見せに連れていってくれたり。

この1歳の脳はスポンジのように何でもすぐに吸収していってる。
「持つ」「離す」「置く」「取る」「座る」「立つ」「見る」「触る」「閉める」「開ける」…
などといった「動詞」をとてもよく理解している。

少しづつだが、Jujuが小さい頃から我が家オリジナルのベビーサインをしてきた。
寝るときには両手をあわせて頬にあてて「お休み」、
両手をパチンと合わせて「いただきます・ごちそうさま」、
どこかぶつけて痛かったときは耳のあたりをポンポンして「いてて」
「おいしい」のサインは、頬を触るのではなく上と同じく耳あたりをポンポンする。
おでこに手をあてて「ごめんなさい」これはまだ訓練中。
オムツ交換のときは腰骨あたりをポンポン2回たたく。これはうんちのときのみ。
最近はウンチが出ると、自分でおなかをポンポンと叩いて「出たよ」と教えてくれる。
汚い物を触ったときは舌を出して口の前でベェベェと言いながら手をグパーグパーする。
Jujuは何でも口の中に入れてしまうので、口に入れる前に持ってる物を離してもらう意味で始めたんだが、
Jujuには私が手をなめてる動作に見えているみたいで、その手で下を触っている。
手で舌を触って欲しくないが、汚いものを触ったと理解はしているみたいなので、
よほど汚いものではない限り、ベーベーしてるサインは上出来と思いたい。

言葉もワンワンやニャンニャン、
ジェッド(隣の犬の名前で、産まれたときからJujuの部屋の窓から毎朝見ている。)、
耳、が言えるようになった。
あとは、いないいないばぁの「ばぁ」を歌にあわせて言ったり、Juju語を話したり。
日本語としてしっかり吸収されていってるその小さいJuju頭は立派だ。

DSC00024.jpg

Rieep
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 TINY BIT OF LAND IN NEW ZEALAND, all rights reserved.

Rieep

Author:Rieep
2004年4月に
ニュージーランドに移住。
12年が過ぎ、本腰入れて
田舎で生活してます。

腰が曲がっても、
のぉんびりしながら
畑仕事ができたらいいなぁ
そう思いながら、
自然の恵みに感謝して
毎日を過ごしています。
どうぞよろしく。

旧ブログ名
WORLD WIDE WANDERER IN NEW ZEALAND

++++++++

Rieep ブログ主
Meesh 夫
Juju 長男(2009)
Cyo 長女(2012)
Hunter 次男(2015)
Zoey チョコラブ(2006)

++++++++

Rieep

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Juju日記 (59)
cyo日記 (12)
Hunter日記 (1)
いろいろ日記 (65)
独り言 (24)
おでかけ日記 (61)
ぞい子日記 (6)
もらい物日記 (5)
べじ畑日記 (11)
料理日記 (31)
もでる日記 (6)
そうじ日記 (2)
手づくり日記 (11)
いらいら日記 (10)
東北大地震 (4)
Meesh日記 (11)
お花・多肉日記 (8)
未分類 (1)
#3 (2)
生き物 (5)
果樹園 (1)

このブログをリンクに追加する