Rieepのニュージーランド日記 :当たり前のようにある自然のめぐみに感謝あるのみ
 

 

 

前回の続き。

ファームに到着する前に赤くてかわいらしい小さいお店を発見。

wee red 

「WEE RED BARN」


お店の外には「ストロベリー」「ブルーベリー」「オリーブオイル」等、書いてある看板があった。

気になって覗いてみると、一人のおじさんがいて、

まさに今摘んできましたと言わんばかりのいちごを籠いっぱいに持って、それを量りながらパックに入れていた。

このおじさん、かなり訛りが強くて何を言ってるのかわからなかったけど、採れたてのいちごを私達に一つ食べてみてとくれた。
粒が大きくて、と~っても甘い。色もつやつやで真っ赤!!超おいしかったので、大きいパックを一つ購入。

他にも自家製オリーブオイル、みかん、オレンジを購入。

ここでは野菜やフルーツ、ワイン、オリーブオイルなどが自家製だったり、地元のワインだったりが手に入る。

手編みのセーターや、小さい子用のブーティーも手ごろな値段売っていた。

Masterton方面にお出かけの際は ぜひ寄ってみてください!

アンドリューっていう名前の子牛や、ニワトリ、豚、アヒルさんたちが Welcome してくれますよ!

Rieep







 
スポンサーサイト

 

 

 

 

先週末、1泊2日でファームステイを経験してきた。場所はワイララパ地方。

ファームステイといっても、牛の乳搾りをしたりするのではなく、薪とまつぼっくりを拾いに。

土曜日、綺麗な朝日を見ながら家を出発。

sora.jpg 

大きなトレーラーを引っ張って行ったので、山越えはいつも以上に時間がかかった。

ファームに着いてからは、お世話になるヘレンとアンドリューに(家族ぐるみの知り合い)挨拶をし、お茶を一杯。

チェーンソー、オイル、耳あて、軍手、斧。男がすきそうな物を一通りトラックに積みこみ、いざフィールドへ出発!

みよ、このまつぼっくり!!!!

まつぼっくり 

こんなのがごろごろごろごろ落ちて、まつぼっくり大好きの私にはたまんない☆

いっぱいいっぱい拾ったけど、全部はさすがに拾いきれなかった・・・。

男達はチェーンソーをウィ~ンウィ~ンいわせながら大きな大木を切っていく。

チェーンソー 

それをさらに斧で暖炉に入る大きさに割っていく。

ono.jpg 

姪っ子のアングスも、大人に混じって一生懸命手伝ってくれた。

ono2.jpg 

みんな一生懸命仕事したおかげで、トレーラー山積みに蒔きを集める事が出来た。

これで今年の冬も暖かく過ごせます。

ちなみに、この日の夕食はローストラムだった。

ラムは肉屋から買ってきたやつでなく、アンドリューが自宅でさばいたラム肉。

これが超~美味。今まで食べた中で、一番やわらかくてジューシーで、香がいいラムだった。

また食べたい。。。

Rieep

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、パッションフルーツという果物をご存知でしょうか?

ニュージーランドでは、収獲時期になるとスーパーなどで手に入るフルーツです。

私、日本では見たことがありません。

家にもそのパッションフルーツの苗木が4つほどあります。

100_1737.jpg


植えてから約2年?ようやく今になって成長してきました。

花が一つもついていないので、実がなる事はおそらくないと思うけど、

この調子でこの秋にいっぱい成長してもらって、来年に期待しましょう。

 

 

 

 

 

先週末はグッドフライデー(金曜日)&イースターホリデー(月曜日)が祝日で、
プラス土日をはさんでの4連休だった。

最初の3日間は家の裏に前工事してもらったコンクリートのコーティング(二日がかり)や、
庭のフェンスの周りをコンクリートで固めるなど、家にかかわる事をやって終わった。

最後の1日はワイララパにある大きい川(名前は知らない。)ウエイクボードをしに。
私には水が冷たすぎて川に入る気にはならなかった。

4日間ものすごく天気も良くて、やっておかなきゃならない事も、
半分近く終わらす事が出来てよかった。

お友達の娘さんたちに上げるニット帽が仕上がった。
最近夜になると冷えるので、すっかり編み物の時期だ。

この前アッパーハットに行った時に、手芸屋さんによった。
前からずーっと気になってたけど、今までかう事のなかった、編み物の本、
「Sublime」

先月末と、今月頭、一生懸命働いたから、買ってもいいよね?と自問自答。
答えはすぐに「YES!」 見てるだけで、顔がにやけちゃうくらい可愛い編み物がのっている。

編み物も可愛いけど、モデルも可愛い。特に赤ちゃんが。
結構高かったけど、まーあっても無駄にはならないし、 いつか何かしら作るだろう。

Rieep

 

 

 

 

 

田舎のばぁちゃん。
大関(おおぜき)のばぁちゃん。
大好きなおばぁちゃん。

89歳になる。

私は実家に帰ると、(大学時代でも、今でも)
必ず大関のばぁちゃんに会いに行き、
身の回りの片付けをしてあげて、緑茶を入れてたくさん話をする。
ものすごい茨城弁を喋るばぁちゃん、
それに入れ歯が入ってないと会話も一苦労。

子沢山だったばぁちゃんは、とーっても芯が強くて、
こんな感じでよく

ばぁちゃん 

「だめなんだよ、しっかりしなきゃ!!」と言われた。。。汗

小さい頃は年越しといえば、ばぁちゃんちへ家族みんなで行き、
コタツに入りながらストーブの上で焼いたミカンや乾燥芋を食べた。

農家だったので、田植えの忙しい時期は、
40分近く兄と自転車をこいでばぁちゃん家へ行き、
田植えを手伝った。。。懐かしい☆


2月に日本に帰った時も、ばぁちゃんに会いに行った。
「いつ帰ってきたの??」「いつ帰ってきたの??」を 繰り返し聞くばぁちゃん。

ん、これはボケてきたか???

とまぁ、年寄りだからしょうがないと思い、
緑茶を飲みながら、近況報告など話をした。
ばぁちゃん、歯入れてないのに、せんべい食べようとしてるから、
どうやって食うのか見てたら、
ちゃぶ台の上にせんべい置いて、
グーでゴンゴン叩いて小さく砕いて食べてた☆☆笑

帰り際に、
私: 「じゃーまた来年日本に来た時に、遊びに来っかんね~~」
ばぁちゃん: 「おえでおえで~~(おいでおいで)」

なんて話をしたのが最後。

昨日の夜、仕事から帰ってきて、兄からのメールをチェックしたら
「大関のばぁちゃんが亡くなった」って。

私が会いに行ったあの後、風邪をこじらせ、
食欲も無くなり、そのまま老衰だったみたい。

あまりにも急で、お葬式も、もう明日明後日の事だから
私も動きようが無かった。

NZに来た時から、大関のばぁちゃんの葬式には何が何でも行ってあげなきゃ、
と思ってたけど、行けなかった。。。。

大好きなばぁちゃんごめんね。
ここでお線香あげるからね。
これからもずっと里帰りしたら、お墓参りいくからね。
また緑茶入れてあげるからね。

私もいつかこんな風に

ばぁちゃん自転車

自転車乗って、畑に出れる元気なばぁちゃんになりたいよ。

Rieep




 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 TINY BIT OF LAND IN NEW ZEALAND, all rights reserved.

Rieep

Author:Rieep
2004年4月に
ニュージーランドに移住。
12年が過ぎ、本腰入れて
田舎で生活してます。

腰が曲がっても、
のぉんびりしながら
畑仕事ができたらいいなぁ
そう思いながら、
自然の恵みに感謝して
毎日を過ごしています。
どうぞよろしく。

旧ブログ名
WORLD WIDE WANDERER IN NEW ZEALAND

++++++++

Rieep ブログ主
Meesh 夫
Juju 長男(2009)
Cyo 長女(2012)
Hunter 次男(2015)
Zoey チョコラブ(2006)

++++++++

Rieep

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Juju日記 (59)
cyo日記 (12)
Hunter日記 (3)
いろいろ日記 (65)
独り言 (25)
おでかけ日記 (61)
ぞい子日記 (6)
もらい物日記 (5)
べじ畑日記 (11)
料理日記 (31)
もでる日記 (6)
手づくり日記 (11)
いらいら日記 (10)
東北大地震 (4)
Meesh日記 (11)
お花・多肉日記 (8)
生き物 (6)
果樹園 (1)
未分類 (2)

このブログをリンクに追加する